Return to site

利府町、熊谷大町長が自治体職員に最も期待していることとは?

· 首長インタビュー

日々、本気で実行する首長にインタビューをさせていただき、首長のビジョン、想い、現場職員への期待を皆さんに発信する首長インタビュー企画。第2弾は宮城県利府町の熊谷大町長にインタビューを実施しました。
熊谷町長はどのような想いで利府町長に就任し、執務にあたっていらっしゃるのでしょうか?
今回はインタビューの模様をたっぷりお伝えします!

利府町長に立候補された理由を教えてください。

利府町は、「地方から日本を面白くする」ということを十分叶えることができるまちだと思ったからです。
20歳前後から利府町に住み始めたのですが、その頃からロードサイトにイオンやムービックスが出来て、発展し始めたんですよ。町をもっと面白く発展させたいと思い、手を挙げました。

立候補時に、特に解決したかった課題を教えてください。


立候補した際に「3つの豊かさ」というものを考えました。


1つ目は、「暮らしの豊かさ」です。渋滞問題に代表される交通の便の悪さの解決などを通して、暮らしぶりを豊かにしたいと考えています。
 

2つ目は「経済の豊かさ」です。利府町は仙台市に程近い西部と、松島町や塩竈市よりの東部に分かれています。西部は仙台市の発展に伴ってどんどん発展していっているのですが、東部は20年前からほぼ変わっていません。この東部と西部の経済バランスを均衡に近づけることで、経済を豊かにしたいです。
 

3つ目は「教育文化の豊かさ」です。これについては、文化複合施設が2020年には完成するので、ここから町内の文化活動を活発にして教育をもっとレベルアップするということを考えています。
 

この3つの指針が、町の課題をほぼ網羅しているように思います。

町長就任以前は国会議員、さらにその前は中学校の教師をご経験されています。教職からなぜ政治の世界に入ろうと思ったのでしょうか。
 

教師をやっていた時に、中学校2年生のクラス35人に対して将来の夢を書かせたんです。「野球選手になりたい」とか「ケーキ屋さんになりたい」と書いてくるのではないかと思っていたら、ほとんどの生徒が「金が欲しい」と書いてきたんです。

私はそれまで、貧困とは単に「お金がない状態」だと考えていました。しかし、十分なお金がないことによって、子ども達が志や夢を持つというような発想すら「貧困」にしてしまいます。この点が貧困問題の大きな怖さだと気付きました。

この体験から、「東北の貧困問題を解決する」という志を抱くようになりました。そこで、政治家こそ法律を作って現実を変え、未来をつくることができる職業だと考え、政治の道に進むことを決意しました。

国政と町政、最も異なる点はどこでしょうか。

国会議員の動き、仕事の方法は個人主義という印象があります。

しかし、地方自治体の首長は団体戦です。利府町だったら260人の職員の方々を動機付けて、喜んで仕事に取り組めるようにしなければなりません。首長は国会議員よりもチームを率いる力を問われる点が大きな違いですね。

利府町の職員の方々にはどのようなことを期待していますか?
 

チャレンジ精神をもって日々の業務に取り組むことを期待しています。慎重にならざるを得ない局面があることもよく分かっていますが、私としてはチャレンジしている職員をどんどん引き上げたいと思っています。

実際、チャレンジ精神を持って働いている職員はどの位いるのでしょうか?
 

うちは多い方だと思いますよ。
 

最近では、昨年、「利府町おもてなし運動」という町民有志によるプロジェクトが行われ、多くの職員が積極的に自主参加しました。宮城スタジアムで開催された乃木坂46のコンサートの際に、利府駅前と、駅から宮城スタジアムまでの道のりを使って、町民総出でファンの皆さんを歓迎し、町をPRするという試みです。
 

「利府町おもてなし運動」の盛り上がりの様子、私もSNSで拝見していました!
町長はなぜチャレンジ精神が重要だと考えているのですか。

 

町の可能性を信じているからです。

2001年には国体、2002年には日韓ワールドカップの試合会場として利府町内の施設が使用されました。また、2020年にはオリンピックの一部競技が利府町で行われます。そして海側に行けば日本三景の松島もあります。このような町は日本全国を見渡しても他にないと思います。

しかも2020年のオリンピックは、最低でも世界の30億人が見るんですよ。30億人に利府町をアピールできる絶好のチャンスですから、職員の皆さんにはその可能性に賭けて、もっと積極的に「利府町でこんなことをやりたい!」「国にこういうことを働きかけてください!」と言ってほしい。そういうことに町長を使ってほしいんですよ。

まだこういう提案が出てこないのが課題ですかね。そのために、チャレンジ精神やシビックプライドの醸成に向けた意識改革が必要です。

職員の意識改革のために行っていることはありますか。
 

「町長日記」というものを毎日書いて職員に向けて発信しています。「どういう想いでこの施策をやろうとしているのか」ということや、日々のことなどについて綴っています。
 

また、直接コミュニケーションをとるために「ランチ会」を開催しています。「ランチ会」は、年次など関係なく、様々な職員とランチを共にするというものです。


最初にも話しましたが、自治体の運営は団体戦です。町長が1人で面白いことを掲げて走っていても、周りの職員が付いて来ないと意味がありません。常にリーダーが職員とコミュニケーションを取り続けて、良いチームプレーをすることが大事だと考えています。
 

しかし、町長室で1人で執務することも多く、職員の皆さんとコミュニケーションをとる時間を多くとれていない状況です。このような状況下で、どのようにコミュニケーションをとるかということについては、就任から1年が経った今も模索しています。

熊谷町長がこれから取り組みたいチャレンジングな施策はありますか。
 

2020年の東京オリンピックの会場となる宮城スタジアムとその最寄り駅の利府駅間の道のりに「おもてなしロード」を作りたいと考えています。

 

「利府町おもてなし運動」と重なる部分もありますが、いろいろなお店が「おもてなしロード」沿いにあり、お店を楽しみながらいつのまにか会場に着いている。このような体験を、オリンピックで利府町に来る方々にしてもらいたいです。
オリンピック後も、年間130万人に及ぶ宮城スタジアム・グランディ21に訪れる方々に向けて、継続的に町の魅力をPRしたり、物産の販売等をしていくことも考えています。コンサートやスポーツ観戦と同時に、少しでも利府町にお金を落としてもらえれば、経済効果は非常に大きなものになると考えています。

 

これからの意気込みと職員へのメッセージをお願いします。
 

皆さんの中には「失敗したくない」とか「失敗したら出世できないかもしれない」などと考えている人もいるかもしれません。しかし、チャレンジなくして明日の利府町はないと考えています。チャレンジ精神を持てるような意識改革を今後も進めていきます。
 

「チャレンジ精神」を重要視しながら、職員と向き合っている熊谷町長。

「自治体は団体戦」との言葉通り、職員、地域を巻き込みながら、利府町の明るい未来に向けて様々な施策を考え、実行している様子が印象深かったです。

今回は貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly